オンラインカジノは詐欺、不正、イカサマはあるの?

オンラインカジノに不安を感じて調べてみるとオンラインカジノは稼げない、不正、イカサマや詐欺が横行している…なんて口コミや噂を目にする機会も少なからずあると思います。

実際に各国政府のライセンスを取得しているオンラインカジノサイトが本当にイカサマ、不正ができるのか…ここではそんな不安を抱えている人の為にしっかりとしたオンラインカジノの説明、カジノサイト側のプレイヤーに対する公正、公平性への取り組みなど解説をしていきます。

オンラインカジノで詐欺や不正、イカサマはできる仕様なの?

オンラインカジノの事を悪く言う人の多くはオンラインカジノで良い経験をしなかった人が大半です。だって勝っている人はわざわざ悪口なんて書き込みませんからね。

オンラインカジノで大きく負けた事があるとか…紹介サイトを介さないで自分で怪しいサイトに登録したとか…。そんな方がオンラインカジノを悪く言っている傾向があります。

そもそも、しっかりとしたオンラインカジノは拠点となる国の政府が発行しているライセンスを取得、保有してカジノサイトの運営を行っています。発行する条件だったり、運営の実態など一般には出てきませんが簡単に不正、イカサマ、詐欺が出来るような甘い仕組みでは断じてありません。

またネットがこれだけ流通している社会です。詐欺、イカサマ、不正をしたらすぐに情報が拡散されて、そのカジノに調査が入ったり、ユーザー離れがおきてすぐに潰れていきます。

オンラインカジノの運営自体もしっかりと運営して確実にプレイヤーを確保した方が会社の利益になる事はわかっています。

危険なのはライセンスを保有していない。または信用度の低いライセンスを保有しているオンラインカジノサイトです。そのようなオンラインカジノサイトが大々的に宣伝される事はありませんが、しっかりと調べずに遊んでしまうと痛い目をみる可能性もあります。

信用度の高いしっかりとしたオンラインカジノサイトを選ぶ事で詐欺、不正、イカサマに合うことなどほぼないので安心してプレイする事が出来ます。

ギャンブルは基本的に運営が儲かる仕組みになっている

カジノサイトの運営側が利益を出さないと経営は出来ません。またギャンブルと言うのは必ず運営側が儲かる仕組みになっています。そうでなければ誰もカジノサイトを運営しません。

オンラインカジノのプレイヤー還元率は95%~97%と言われています。

例えば1万円を賭けたら、9,500円~9,700円は戻ってくる計算です。この戻ってこない300円~500円がカジノサイト側の利益になっていくのです。

只、ギャンブルは勝つ人もいれば負ける人もいます。全員に均等に還元される訳ではないからです。誰かが還元される90%を総取りする可能性だってあります。

パチンコ、パチスロをやっている人なら余計にわかるのではないでしょうか。

またオンラインカジノは現存するギャンブルの中で最もプレイヤー還元率が高いです。これが何を意味するのかと言うと、あらゆるギャンブルよりオンラインカジノは勝ちやすい、利益が出やすいギャンブルであるということです。

オンラインカジノには不正やイカサマを監視する存在あり!

オンラインカジノ側は確率の操作、不正を行っていると心配になる人もいるのではないでしょうか。これもしっかりとした運営を行っているカジノサイトはイカサマや不正が出来ない仕組みを取り入れています。

RNG(乱数発生器)で確率操作不可能

カジノサイトで提供されているゲームにはRNGといった乱数発生器が取り付けられています。これは勝負の結果を完全にランダムで出す機能です。このRNGが各ゲームに組み込まれており、またカジノサイト側で操作する事も出来ません。

ゲームは専門会社が開発

カジノ側で操作できなくても開発している時に弄ってるのではないか…なんて考える人もいると思います。しかし、カジノサイトで提供されるゲームはカジノサイトの運営が作っている訳ではありません。

ゲームは専門のゲーミングソフトウェア会社が管理して開発を行っています。カジノサイトはまったくの別物です。そしてソフトウェア会社も定期的に監査を受けたり、ゲーム開発をするのにライセンスが必要とされています。

またソフトウェア会社はカジノサイトへゲームを貸し出してレンタル料を徴収するシステムです。不正やイカサマをして契約が停止されたら会社の存続に関わります。なんのメリットもないので普通の思考を持っている経営者なら不正、イカサマなどしません。

そしてカジノサイトとソフトウェア会社は完全に別物なのでカジノサイト側で確率の操作、不正などは出来ない仕組みが導入されています。

第三者機関による継続的な監査

オンラインカジノサイトの中には第三者機関と言われる存在へ継続的に監査を依頼しているケースもあります。第三者機関の有名所で言えばeCOGRA、TSTなどが有名です。

これらは各ゲームにしっかりとRNGが正しく設置されているか、ライセンスに基づいた運営がなされているか等、定期的に監査をしています。この第三者機関の監査を受ける事で不正、イカサマ、詐欺がない事を示している事にも繋がります。

ちなみに最近では有名な国のライセンス取得も厳しくなって、第三者機関の監査は必要ないといったオンラインカジノも増えています。まずはライセンスの信頼度などを確認して利用するオンラインカジノサイトを見極めるようにしましょう。

ミスティーノ始め方ガイド
© Copyright 2020 ミスティーノカジノ始め方ガイド